【低身長さん向け】パンツの選び方【着こなし方法】

今年に入るまで、私のワードローブにはワンピースかスカートしかありませんでした。
それくらいパンツコーデとは無縁の生活だった私も、トレンドの変化や自分の気持ちの変化もあり、ついにパンツコーデに挑戦するように。

今回は、身長155cmの私が実際に試してみてよかったパンツの紹介と、身長が高くないからこそ気をつけているコーディネートのポイントをまとめました。
普段使いできるアイテムから、お仕事向けまで、実際に買ってよかったアイテムと共に紹介していきます。

目次

PLST、Lialapgなどのスティックパンツ

雑誌で言うと『VERY』などの読者層に人気のスティックパンツ。
多くの方がLialapgPLSTなどで購入している印象です。

Joint Space 楽天市場店
¥7,920 (2022/08/13 02:25時点 | 楽天市場調べ)
Joint Space 楽天市場店
¥6,600 (2022/08/13 02:23時点 | 楽天市場調べ)

腰回りはゆとりのあるサイズで、足首に向かって細身になっていくシルエット。丈はアンクル丈が多く、仕事からプライベートの用事まで活躍できるオーソドックスなデザインです。

定番の白、黒に加えてパープルやミント、ピンクなどカラーバリエーションでアクセントをつける方も多くいました。

低身長にはちょっぴり難しい? 着こなしのポイント

一番太い部分から細い部分へとシルエットにメリハリがでるパンツは、足が短く見えてしまう懸念も。
腰がはっている、太い部分から細い部分への差が激しいと言う方は、トップスにペプラム裾のブラウスや、チュニック丈のブラウスを持ってくるとバランスがよくなります。

甘めのデザインが好きな方はLialapg、yoriがおすすめ。

Joint Space 楽天市場店
¥6,820 (2022/08/13 02:26時点 | 楽天市場調べ)

さらにシューズは1~3cm程度でいいのでヒールがあるもの。安定感のある太めのかかとのデザインが合わせやすいです。フラットシューズならポインテッドトゥにするとすっきりした印象に。

しっかり動けるコーデにするなら

きれいめに着がちなスティックパンツですが、実際はたくさん歩いたり、自転車に乗ったり、こどもと過ごすシチュエーションで着る方も多いはず。

そんな方にはアディダスのスタンスミスコンバースのローカットスニーカーなどローテクスニーカーと合わせるのがおすすめ。

腰までカバーしてくれるボーダーTシャツや、薄手のニットカットソーと合わせればカジュアルコーデでも活躍してくれます。

UNIQLO スマートアンクルパンツ

PLSTのスティックパンツより足首周りが広く、低身長でも挑戦しやすいシルエットに。
個人的に気に入っているのは、腰まわりがタイトですっきりしているのに太ももから膝上にかけては肉感を拾わないデザイン。膝下からは華奢に見えつつ、身体のラインがわかりすぎない絶妙なシルエットなので、下半身のスタイルに自信のない方にもおすすめできるパンツです。

足が真っ直ぐ、長く見えるところが嬉しいポイント。

生地にハリがあって、きちんと見えする素材なのでお仕事シーンやマニッシュなコーディネートとも相性ばつぐんです。

真っ直ぐシルエットのパンツを着こなすコツ

低身長だとどうしてもスニーカーはずしが難しくなってしまうストレートタイプのパンツ。
高さは低くてもいいのでピンヒールできれいめに着るか、サンダルで抜け感を。フラットシューズならローファーがおすすめです。

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)
¥7,499 (2022/08/13 16:38時点 | 楽天市場調べ)

UNIQLOは定番アイテムを春夏、秋冬でそれぞれ厚みやカラーを変えて出しているので、シーズンに合わせてシューズを変えるとコーディネートにバリエーションも生まれます。

スマートアンクルパンツはしっかり高めの位置でウエストマークできるので、トップスは短いものかタックインがきれいなシルエットを保てます。

GUで大バズり中のミニハイネックセーターがプチプラでもきれいめコーデに見せてくれるので注目アイテムです。

UNIQLO スリムフレアジーンズ

こちらは裾がフレアになったデザインで、足が長く、膝上〜ふくらはぎを細く見せてくれるデザインです。
太ももよりふくらはぎが気になる方には特におすすめのアイテム。

ハイウエストでデニム素材とカジュアル要素が揃っているので、リブタンクトップやTシャツなどと合わせると着回しの幅が広がります。

シャツならシアー素材など軽めの生地のものを選ぶと、デニムのせいで全体的に重いコーデになってしまうのを軽減できます。GUのシアークロップドシャツなどがおすすめ。

低身長さんの強い味方!一方、きれいめでの見え方はひと工夫

とにかくシルエットの面では低身長さんの味方!脚長効果、スタイルアップの見込めるアイテムです。
その一方で、どうしてもデニム素材がカジュアルに見えやすいので、きれいめで合わせるためにはシャツの素材がシアー素材、シワ加工がほどこされているものを選ぶなど、工夫が必要。

とはいえ普段着に心置きなく使える丈夫な素材であり、スタイルアップも見込めるアイテムなので、私は手元にあってよかったなという印象です。

シューズはピンヒールのサンダルや、ビジュー付きのシューズなどきれいめ見えしやすいアイテムがおすすめ。
もちろん、カジュアルに着るならハイカットのコンバースやハイテクスニーカーでも可愛いと思います!

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)
¥7,499 (2022/08/13 16:43時点 | 楽天市場調べ)

次にねらうパンツは タックワイドパンツ!

以上が、春から夏にかけて、低身長の私が実際に履いてみてよかったアイテムです。
もちろんこれから秋にかけても活躍してくれる定番のシルエットですし、どれもオールシーズン通してコーディネートの軸になってくれる優秀アイテムたち。

秋になるにつれマニッシュなコーディネートに意識が向く方も多いと思うので、これからさらにパンツコーデ需要は高まるのかなと思います。

そんな中、私が次に狙っているのはUNIQLOのタックワイドパンツ

夏も出ていた定番アイテムの再販で、カラバリが増えて再登場ということなので、注目しています。
かなりバズったアイテムなことはもちろん、秋のパリジェンヌらしいちょっとマニッシュなシルエットが魅力。

ベーシックな黒はもちろん、グレーやチェックもかわいいですよね。

プチプラアイテムで作る日々のコーディネートはINSTAGRAMで発信中!

ぜひフォローよろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる